事業部

入社のきっかけは?

私は龍馬学園の国際デザインビューティーカレッジ在学中に、二級建築士の試験終了後から卒業するまでの期間で、卒業生が多数活躍しているフクヤ建設のインターンシップを体験しました。

会社の雰囲気の良さや実際の業務や仕事に対するやりがいを感じて、フクヤ建設で働きたい気持ちが強くなり、入社を志望しました。

先輩スタッフから「インターンシップの時から、共に働く仲間だと感じていた」と入社後に聞かされた時に、会社との相性や雰囲気を入社前に確認できたからこそ、ミスマッチが無く仕事ができているのだと感じています。

スタッフとして誇れるところ、
フクヤ建設の良さだと思うところは?

フクヤ建設の家づくりは、ひとつのお家を「営業」「設計」「工務」の担当者が付き、一丸となってひとつのチームとして取り組みます。

全く同じ家はひとつとして無いからこそ、難しい局面に出会うこともあります。
そんな時に先輩スタッフや他部署のスタッフが垣根を越えて知恵や経験を持ち寄り、より良くする為に助け合い互いに高め合う力があるところが、フクヤ建設の良さだと感じています。

仕事に対するやりがいや喜びは?

これまでに、数々の感謝の言葉やお手紙を頂戴しました。
「竹村さんに任せて良かった」と言う言葉をもらうたび、嬉しい反面、どこか寂しくもあり、ほっとする瞬間でもあります。

お客様に出会ってからお家が完成するまでの間に、色々な物語が生まれます。
ヒアリングからプランニング、本設計に至って何度も打合せを重ねる中で、赤ちゃんだった子が歩けるようになっていたり、お話が上手にできるようになったり、新しく命が誕生したり…。

お施主様の性格や家族の在り方、暮らしぶり、感じるものを理解すること。
いくつもの要素を共感しながら互いに信頼しあうこと。
フクヤ建設が思う、「こんな暮らしをしてほしい」
そんな家が叶った時、本当の意味で設計者としての喜びを感じます。

 

過去に施主様や同僚からの言葉などで、
感動したエピソードなどは?

お引渡しの際に子供さんからいただいた、一枚の絵。
そこには、私が間取りの提案の際に描いたスケッチを真似して描いたお家のイラストと、担当営業と私の似顔絵。
その横にていねいに書かれた、「おうちをせっけいしてくれてありがとう」

誰かを思って何かを作る。
モノづくりの原点にふと立ち返らされたようで、小さい手で一生懸命描かれたその絵は、私の宝物になりました。

今後の目標などは?

空間に、居心地の良さを生み出すこと、景色に溶け込む家を作ること。
人が肌で感じる「なんとなく好き」を生み出し、形にできる、そんな設計士でありたいです。

どんな人と一緒に働きたい?

家が好きで、人が好きな人。
(設計なら、手を動かすことが好きな人)

趣味や休日の過ごし方は?

子供の頃から自分の部屋の模様替えをする事が好きで、限られた空間を今の自分にしっくりとくるように家具を動かしたり、部屋のスケッチを描いてイメージを膨らませてみたりと…。

建築の道を志すきっかけになっているのかも知れません。
居心地の良い空間で映画鑑賞や読書をするなど、「家でゆっくりと過ごす時間」も大切にしています。

他のひとを知る