総二階の家

構造木造2階建て
面積144.85坪

M様との出会いは3年程前に展示場COCAGEに来場された時。家族構成は40代前半のご夫婦と4人のお子さまがいらっしゃいます。長女さんの中学入学に合わせて新築されたいという希望で家づくりがスタートしました。M様のこだわりは、白を基調としたすっきりシンプルかつカフェのようなナチュラル系のお家。そのイメージを大切にしながら、周辺環境や住みやすさ、居心地のよい家づくりをしました。

外観

まず目に入ってくるのは広いベランダと大きな窓。南向きに大きな開口部や窓があると、昼間は部屋に光が入ってきて明るくなります。干した洗濯物も乾きやすいですし、太陽のひかりをいっぱい浴びてぽかぽか!太陽光で発電を効率よくするために、屋根は角度を設定しています。

玄関・ポーチまわり

はじめはモルタルとコンクリートの予定でしたが、奥様の希望でタイルに変更!白に近い色のタイルを使うことで、すっきりしました。玄関ドアは外観にあわせてナチュラルなものをチョイスしました。ドアの間にガラスがあることで家の中に光が入り込み、とてもあたたかい印象です。
(ポーチ:建物の玄関前で、壁から突き出た庇(ひさし)のある入口空間のこと)

リビング

特にこだわったこのお部屋もシンプル×ナチュラルを基本にインテリアの素材選びを行いました。床はバーチという白っぽい色の硬い木を使っています。子どもが走ったり、椅子を動かしても傷になりにくい木材です。

そして、この大きなダイニングテーブルはタモの木をつかうことで、凛とした木目が空間をぐっと引き締めています。リビングを向いたキッチンは、家族とコミュニケーションがとりやすく、吊り戸棚をなくし、オープンにすることで開放的なキッチンになりました。

無垢床バーチ
ダイニングテーブル/タモの木は木目が美しく、加工がしやすく、「白木の女王」とも讃えられています。

和室

リビングの隣には和室があります。ゆったりとした時間を楽しみ、ちょっとごろ寝したり。また、客間としても活用できます。

2Fにも和室があります。まっ白の壁が印象的なこの和室、この部屋にも、たくさんの収納があります。北のウォークインクローゼットには持ち込みタンス(大)が2つはいります。

2階和室