品質管理について

フクヤ建設では、お客様によりよい家をご提供するために、
数多く定めた検査項目にて、自主検査・第三者による検査(基礎・構造)を行い、品質向上に努めています。

1.基礎配筋検査

フクヤ建設の基礎の構造は「ベタ基礎」です。
基礎の配筋はすべて構造計算(※全棟実施)に基づいて厳格に決まっています。

配筋検査ではまずは「図面どおりの配筋になっているか」が大前提!
配筋量の検査では、鉄筋の径・太さ・本数を確認します。

次に鉄筋の並ぶピッチを確認します。
ピッチが図面どおりの間隔に正しく並んでいるかを確認します。
↓↓

配筋のかぶり厚さのチェックを行います。
十分な厚みを確保します。
↓↓

内部立ち上がり基礎に設ける人通口の周囲は、しっかりと補強筋を配置します。
↓↓

他にも、鉄筋のつなぎ方の確認や、ゴミ・木くずが落ちていないかの確認なども行います。

2.構造体検査

耐震金物や、柱や梁などの構造体が図面どおりに施工されているかを確認する検査です。
フクヤ建設では、構造体について第三者機関により確実な検査を実施しています。

まず、家を支える柱や、耐力壁の位置が図面どおりか確認します。
↓↓

横揺れを防ぐ筋交い(補強金物)が図面どおりに取り付けられているかを確認します。
↓↓

接合部の金物に不具合がないか、止め付け方法、締め付け状態等もしっかりと確認します。
↓↓

防水工事ー屋根
屋根は屋根表面材(ガルバリウム鋼板等)と下地の合板の間に防水シート(ルーフィング)を張ります。
防水シートにより、屋根表面材からの雨漏りの侵入に備えます。
↓↓

防水工事ーバルコニー
バルコニーは、屋根や外壁と同じく雨風にさらされるので、
FRP(Fiber Reinforced Plastics =繊維によって強化されたプラスチック)防水を行います。
↓↓

3.外装下地検査

外装下地検査とは、構造体検査のあとに、外装下地(防水シート・防水テープ)の施工状態を確認する検査です。
外壁を張ると見えなくなってしまう部分。「雨漏りしないか・部屋に水が入らないか」検査を行います。

サッシまわりの防水テープの施工状況
サッシまわりは、透湿防水シートだけではなく、防水テープを張っているか確認します。

防水シートの重ね代、破れがないか確認します。
外部から外壁内部へ侵入した雨水を防水シートで止めるのですが、防水シートに切れ目があれば
そこからさらに建物内部へと雨水が侵入してしまいます。

防水シートの繋ぎ目の部分をしっかり重ねて張っているかを確認します。
↓↓

外壁貫通部の防水処理
開口部と換気口や、エアコンなどの配管部など、貫通している部分が何箇所もあるので、きっちりと防水処理を行います。
↓↓

4.断熱検査

断熱材の固定方法・施工方法や、断熱材の隙間がないか、気密層の確保等の検査を行います。

5.外装仕上げ検査

外壁仕上げ検査は足場解体前に、屋根や外壁など外まわりを検査します。

へこんだり汚れたりしているところはないか、外装材が綺麗に張られているか(キズ・欠けがないか)を確認します。
↓↓

サッシやレールなども綺麗に収まっているか、キズがないかも確認していきます。
貫通部分のコーキングもひとつひとつ確認します。

6.竣工検査

設計者・現場監督など、工事責任者によって、施工状態に不具合がないかを確認する最終的な検査を行います。
この時点で不具合が発見された場合は、手直し工事を実施しその仕上がりを再度確認します。

外装:屋根材や外壁材にはがれ、ひび割れ等がないか、
内装:壁や床などに汚れや傷はないか、塗装のはがれはないか、ドアの開閉、スイッチ・コンセントや設備の不具合はないか等、仕上がりの確認を行います。

各検査

工事中は各工程に合わせて第三者による検査を実施します。

◼︎住宅瑕疵担保責任保険による現場検査
1回目…構造耐力上主要な部分
2回目…雨水の侵入を防止する部分

1.基礎配筋検査
2.構造体検査
3.外装下地検査
4.断熱検査
5.外装仕上げ検査
6.竣工検査