住まいの知恵袋

▨耐震等級

耐震等級とは、建物の強度を表す指標のこと。
品確法(住宅の品質確保の促進などに関する法律)に沿った住宅性能表示で、地震による倒壊防止と損傷防止を基準に3つの段階に分かれています。

『耐震等級1』は、数百年に一度程度の地震と言われる震度6から7程度の地震でも建物が倒壊しない、数十年に一度とされる震度5程度の地震でも建物が損傷しないことが基準になります。

『耐震等級2』では、等級1で想定される1.25倍の地震が起きても耐えられる建物で、学校や病院などはこのレベル以上に設定されています。

『耐震等級3』は、等級1で想定される1.5倍の地震が起きても耐えられる建物で、消防署や警察署などの防災拠点となる建物はこの基準です。

FPの家 住まいるニュース5月号より

>天然素材のこだわり派にオススメ!無垢フローリング
>住まいの知恵袋「耐震等級」
>できた!簡単DIY 竹串ナイフスタンド
>お金の豆知識「出産・子育てでもらえるお金」
>暮らしの1(ワン)ポイント「立夏」
>教えて!Dr住まいる「無垢フローリングの補修」

お問合せ