家づくりニュース「あと約1年で消費税が10%(予定)に…!」

消費税増税と住宅購入への影響

2019年10月に消費税率が8%から10%に上がる予定です。
住宅建築は大きなお金が動きますので、2%の差は無視できません。

消費税の増税が住宅購入にもたらす影響については、5%から8%に増税した2014年当時もかなり話題になりました。それも踏まえて、増税に向けて押さえておくべきポイントを紹介します。

1.住宅建築はどのタイミングで10%になるの?

引渡しが2019年10月1日以降になると消費税10%が適用されます。
しかし、住宅建築の場合には「経過措置」というものが設けられていて、2019年3月末までに請負契約(※)を行えば、引渡しが2019年10月以降になっても税率は8%となります。

※請負契約:工事請負契約。建築工事の完成とその報酬の支払いに関し、建築主と工事請負業者との間で取り交わされる契約のこと。

2.経過措置とは

注文住宅は、請負契約から引渡しまでに数ヶ月かかるのが通常です。
そのため、注文住宅については、増税施行日から半年前の前日までに請負契約が完了した注文住宅については、もし引渡しが税率引上げの増税施工後になっても、増税前の税率を適用することとされています。

Q.請負契約の完了が「経過措置」が適用される期間以降になった場合は?

請負契約の完了が、「経過措置」が適用される期間以降になってしまった場合でも、引渡しが増税施行日より前であれば、増税前の消費税が適用されます。

※請負契約までには、建築を依頼する住宅会社、土地を決めなければいけません。
建築会社と土地が決まっても、プラン(間取り)や仕様が決まらなければ建築費用が決定しません…。

すべてを決定して契約するまでには早くても3ヶ月〜長い人だと6ヶ月以上かかる場合もあります。
特に土地を決定するまでに時間を要する方が多いので例えば、契約までに6ヶ月かかるとした場合、遅くても2018年10月から家づくりの動きを開始しなければ手遅れになってしまうことになります。

お早めの請負契約完了をお勧めします!

家づくりのご相談は、下記フォームまたはフクヤ建設(088-845-4618)、各展示場(展示場にはスタッフが常駐しています)へ。

資料請求・お問合せフォーム

——————————-

プラン無料キャンペーン開催中 2018年11月末まで

ただいま、フクヤ建設では「プラン無料キャンペーン」を開催中です。
期間中にフクヤ建設で設計プランをされたお客様は、プラン申込金1万円のところ、プラン申込金なし(無料)で、設計を行うことができます。

敷地条件はもとより、方角、風の向き、日射量をさまざまな観点で調査し、お客様のライフスタイルなどをお聞きした上で、最適なプランをご提案いたします。

キャンペーン期間  2018年11月30日(金)まで
詳細・ご質問などお気軽にお問い合わせください。

Wキャンペーン:2019年3月末までにご成約されたお客様にご成約特典をプレゼント!