暮らしがあって、家がある。

家がもたらす「幸せ」ってなんだろう。
そんな発想から、COCAGEハウスプロジェクトははじまりました。
住宅展示場などをはじめとするモデルハウス、マンションのモデルルームでは、機能性や利便性をうたったものばかり。
そこに人の気配やぬくもりや匂いは感じられません。
私たちが提案するのは、背伸びしない、ありのままの暮らしのなかに小さな気づきを感じ取れる家。
暮らしがあって、家がある。幸せは、日々の暮らしのなかに…。

変えられる自由

COCAGE HOUSEは室内の構造で必要な壁をできるだけ少なくし、住む人の人数やライフスタイルを尊重できる、自由な間取りを叶えたいと考えました。

耐力壁と呼ばれる大枠はそのままに、中身を自由に変えられるセミオーダーの家。
強度をしっかり保った構造躯体は、自由な間取りを可能にしました。
また、子どもの成長に合わせて部屋を作ったり、壁を取り除いて大空間を作ったりと、将来的な可変性にも配慮しています。
最初のプランニングのときも、住み続けて何十年かあとにも、暮らしに合わせた間取りで心地よさを感じてもらいたいから。
COCAGE HOUSEのシンプル構造は、暮らしの幅を作り出し、住む人の個性を育む家になったのです。

COCAGE HOUSE

http://www.cocage.net/