奥様:私たちがこのマンションに住み始めて20年が経ち、水まわりが気になったことや、子供が大学に入学したのをきっかけに、お家をもう一回見なおそうと思ったことですね。

ご主人:実は、新築にしようかと思った時もありました。

奥様:不動産会社に相談して土地を探したこともあったけど、夢だったね。

フクヤ建設 大原(以下大原):そうだったのですね!随分前から住まいを新しくしようと…?

奥様:うーん、なんとなく漠然となんですけどね…今後のことを考えたときに思ったんですよ。このマンションは管理体制も良いし、場所も良いですし…。やっぱり20年も経っているのと、『家を直すなら自分の理想に近づけたい』そんな思いがあって、このマンションを全体的に改修するリノベーションを選びました。

大原:初めてお会いした時には、明確になさりたいことが決まっていましたよね。

奥様:家の中にいると、トイレがここじゃなくてあっちだったら使いやすいのに~とか、キッチンがもうちょっと広かったらいいのに…とか色々考えてしまうんです。リノベーションでそれを実現させたい!と思っていました。

T様ご夫婦とリビング

奥様:展示場のコカゲハウスに行ったことがきっかけです。家の雰囲気がとても良かったこととスタッフの印象が良かったので連絡させていただきました。そしたらすぐ営業の大原さんと設計の水野さん、工務の羽田さんが来てくれたんです。具体的な話が出来たことや応対がとても良かったので、いい会社だなあと思いました。

COCAGEHOUSE(※旧展示場 旭グリーンヒルズ)

奥様:その時点ではまだ他社でもプランをしていて、見積りを出してもらったりと計画は進んでいたのですが、そちらの会社は建築士と一緒につくる形だったので、自分のこだわりを詰め込みたい私には少し難しかったですね。全体的な雰囲気は気に入っていたのだけど、建築士さんの理想が強くて私たちの細かい注文を受け入れていただくのは少し厳しいのかなと思ったので、そちらはお断りしました。あとは金額もかなり大きかったのもありますね。

大原:新築のお家と違ってリフォームの場合は、『ここがこうなったらいいな』という部分が住んでいる方には大きいですからね。もし新築だったら建築士さんの家も魅力的だったでしょうね。これはリフォームと新築の違いですね。

奥様:ええ、そうですよねえ。

大原:20代、30代の若い方でも家を建てる方がいらっしゃいます。まだライフスタイルが確立していなかったり、具体的な自分たちの要望も決まっていないこともあるので、そういう方は建築士さんにお任せして家を建てるのも良いですね。

奥様:うんうん、そこから10年、20年が経って、私たちみたいにリノベーションをするんですねえ!

大原(左)とT様ご夫婦

奥様:私なんて部屋にいる時にメジャーを持ってここが何センチだったら…と、細かいところまで考えていたので、小うるさいお客さんだったと思います(笑)

奥様:3人ともとっても柔らかい感じの印象で、お話し易い方たちでした。
■大原さんは、インテリアに詳しく私の思っていることをすぐわかってくださって、センスが似ているところも共有できることが多くて良かったですね。人当たりも良くて相談がし易かったです。
■水野さんは、すごく可愛らしい人で(笑)打合せをしている時に、ここを直したいと伝えたらすぐ図面を修整してくれました。こちらの意向をすぐ形にしてくれるのが良かったですね!!
■羽田さんは、打合せの時はおとなしい感じでしたね。きちっとお仕事してくださって、何かあればすぐ対処してくださって、すごく感じの良い方でした。ね!あなたはどうでしたか?

ご主人:うん、僕があんまりスタッフさんに会ってないからなあ。

大原:ご主人とお会いしたのはご契約の時くらい…?奥様がほとんどメインでしたね。

ご主人:僕からはリノベーションについて特に言うことがなく、言っても多分意見が通らないので…(笑)

大原:要望がダイレクトに伝わって、自分の中でこうしたいなと思っているものが目の前で変わっていく、一緒に家づくりができる感覚がT様にとって大切だったんですね。

[写真(左)]T様ご夫婦と大原  [写真(右)]工務部羽田と設計部水野

大原:そうそう、私たちが図面を見て、ここはこうした方が良くなると思ったところが建築のご経験がそんなにない奥様が当ててくるところが面白かったですね。

奥様:実は何度かリフォームをしたことがあって、その中で色々と勉強をしてきたんですよ。工事しているところを見たり、失敗の経験を次に活かすのも大切ですね。

奥様:一番こだわったのはキッチンですね。背面にある壁が今より半分出ていたのでキッチンが狭かったんです。あと、トイレの位置を動かしたいと思っていました。

大原:キッチンが壁で囲まれていて閉鎖的で暗いとおっしゃっていましたね。

奥様:そうそう。それとキッチンが横に長かったんですよ。作業をするためにキッチンに回りこむのも大変だったし、通路も狭く感じました。

大原:家事動線や収納のスペースを考えて、リノベーション後は見た目も随分と変わりましたよね。
計画中はキッチンをポイントに、トイレはどこへお風呂はどこへ…と決まっていきましたね。

大原:家具もオーダーで作られたものがもともとあったので、お持ちのインテリアに合わせて全体の色などを調整しましたね。建具なんかも早い段階から色が決まって、それに他を合わせていく感じでした。

奥様:クローゼットも広くして、息子が大学に入り家を出たので部屋を狭くしたり。

大原:全体的に細かい割り付けをしたので、それぞれの部屋や設備が使い易くなりましたよね。細かいところでは、エアコンの配管が見えていたのを壁の中に隠してスッキリ見せるようにしました。実際はちょっとだけリビングが狭くなっているんですが、見た感じは全然気にならないですね。

奥様:そう!そうなんですよ!配管が見えているのが嫌でした。そこがスッキリしましたねぇ!

大原:以前は床がカーペットでしたよね。お掃除も大変だったでしょう。

奥様:そうですね、床をフローリングに張り替えたので部屋の印象が変り、とても明るくなりましたね。お掃除もしやすくなりました!

大原:初めは無垢の床を提案していたのですが、マンションの規定が厳しいこともあって、下の部屋に音が響かないように防音性能の高いフローリングにしましたね。

奥様:でも、初めは何だか床がふわふわしていて違和感がありました。

ご主人:僕ももう慣れてきましたが、初めはこれで大丈夫かなあ…と思いました。床がくっついていない感じがしました(笑)

奥様:このフローリングは柄や感じが私のイメージに近くていいです。ちょっと幅広なところも気に入っています。

奥様:今回張替えをしなかった音楽室の床は、以前にリフォームして15年くらい建っていますが、カーペットを置いたらいい感じになりました!ピアノを処分したので、カーペットが敷けるようになって。

大原:もともとはここに息子さんのピアノがありましたが、処分して、ご主人の音楽室・オーディオルームにしましたね。

奥様:主人はいつもこの部屋にいますよ(笑)

ご主人:はい(笑)オーディオルームがお気に入りです。

大原:ご主人はサックスが趣味でしたね、いつから初められたんですか?

ご主人:サックスは大学から初めて35年くらいですね。今は月1回ペースでライブをしたりしていますよ。

大原:私も一度、ライブを見せていただきましたね。

ご主人の音楽室・オーディオルーム

大原:そういえばリノベーションの時、T様は荷物が少なかったですよね。

奥様:片付けは得意なほうなんです。ただ、今回のリノベーションに合わせて物を沢山処分しました。

大原:僕たちはリフォームする家のビフォーアフターの写真を撮るんですが、他の家のビフォーアフターを見比べると明らかに違うのにT様のお家はビフォー写真も綺麗でした(笑)リノベーションをしてお部屋の印象はすごく変わっているんですけど、ビフォー写真が綺麗すぎて比較してもビフォーっぽくなくて(笑)

ご主人:確かにそうですねえ(笑)見る人からすればリノベーションしなくてもいいのに!このままで住めるのにと思うかもしれないですね…(笑)

奥様:でも、リノベーションしたかったんです~!リノベーションして本当に良かったと思っていますよ。

奥様:部屋がとっても明るくなりました!

ご主人:僕は玄関の収納が非常に便利だと思いますね。

奥様:玄関収納は外で使うものもここに置けるので便利ですね。

大原:これも奥様の提案でしたよね。

奥様:私の提案でしたね!そういう相談にも、フクヤさんは何かあればすぐに飛んできてくれるし、対処が早くて丁寧で感じも良かったので依頼して良かったです。

奥様:本当に良いですね。太陽の光がたくさん入ってくるので、毎朝起きると気持ちがいいです。クローゼットも広くて使いやすいし!リノベーションしてとても居心地の良い空間を手に入れることが出来ました。

ダイニングからリビングへの眺め

大原:照明も色々と時間をかけて選んだと思います、どうですか?

奥様:どれも気に入っています。特に寝室の照明が気に入っています!

大原:T様邸は落ち着いた雰囲気でどんなインテリアをもってきても合わせやすい、そういうお部屋に仕上がったと思います。

奥様:リノベーション前は、照明がたくさん無いと部屋が暗かったんです。でも今は照明を少しつけるだけで前より明るくなりました。

ご主人:どうしてだろう?

奥様:リビングも全部つけなくても明るいんですよ。

ご主人:前は壁が多かったからかな、あとは壁も白くなったから光が反射して明るくなったのかな?

奥様:大原さんも、打合せの時にそんなに照明を増やさなくてもと思ったでしょう(笑)リノベーションするまでは本当に暗くて、明るいほうがいい、明るくしたい!と思っていました。その思いが解消できてとても満足しています。

大原:ご主人がおっしゃるように壁の色が明るくなったので、それも効果があると思いますよ。昼間は照明をつけなくても明るいですね。

奥様:カーテンも素材が厚いものを使っていたからかな?高階層なので、外の視線を気にしなくていいので、今はレースのカーテンだけにしています。




大原:ご主人は、住み心地はどうですか?打合せにはほとんど参加されてなかったので、テレビで見るビフォーアフターのような感じで出来上がったときに、こんなになったのか!と思われたと思うんですが。

奥様:主人は完成した時に驚きがあったと思いますよ。

ご主人:工事中はたまに見に来ていたのですが、最後のほうはわざと来ないようにしました。見た時は感激しましたよ。こんなになるんだ!と新鮮な気持ちでしたね。住み心地も良いですねえ。

奥様:お気に入りの部分はキッチンかな?前はキッチンからリビングのテレビが見えなくて、わざわざ小さいテレビを近くに置いて見ていました。壁が無くなってからは開放的で良いですね。料理をする時、手元も明るいです。トイレの位置が変わってすごく使い易くなったし、洗面所も狭かったのが広くなり、洗面所からお風呂までの段差も解消されて使い勝手が良くなりました。

ご主人:僕はオーディオルームですね、先程も言いましたがいつもあの部屋にいます。


奥様:前は洗面所が暑くて困っていて扇風機を置いていましたが、今回のリノベーションで広くなったこともあって冬は寒いなあと感じます…。そこだけ床暖房にしたら良かったかなと思いますね。今はストーブを置いています。

奥様:床材を選ぶときにクッションフロアを勧めてくれたんですが、私がタイルにしたくて。タイルだと冷えますよと教えてくださったんですけどね。あとは換気扇が24時間ずっとつけっぱなしなので、それもあると思います。気になるのはそれくらいですね。

奥様:工事中にマンションならではの苦情があったことですね…。フクヤさんも気をつけて工事をしてくれていましたが。

ご主人:工事で音がするのは、仕方のないことですよね。

奥様:うちがリノベーションした後に何件もリノベーションがありました。うちの真上の方も大掛かりなリフォームをしたんですけど、最初の壊す時だけ音が聞こえるなと思うくらいで、その後全然気にならなかったですけどね。。。

大原:僕たちも勉強不足な部分はあったと思います。

奥様:でも、工期やこの期間は音がしますなどの丁寧な張り紙をしてくださったのはフクヤ建設さんが最初でしたよ。それから他のリフォーム工事でも張り紙がされるようになりました。

大原:こういう構造の建物は普段の生活の音が聞こえない分、構造に近い部分を触るとどうしても直接響いてしまいます。マンションはたくさんの人が住んでいるので、生活の時間帯が違ったりします。マンションリノベーションの大変な部分ではあると思います。私たちも勉強になりました。

奥様:分譲マンションは、中は自由に変えられるのでオススメです。今は団地リノベーションなんかも流行っていますし、安く買えるから良いと思いますよ!

大原:やっぱりリノベーションとなると、工事中は借り住まいをしなければいけないので、抵抗のある方が多いと思うんです。2回も引越しをしなければいけないのは大変ですよね。

ご主人:そうですねえ。

大原:仮住まいの時に苦労されたことはありますか?

奥様:快適だったよね(笑)

ご主人:2階建てって便利だなあと思いました!

奥様:駐車場がアパートの1階だったので、雨に濡れずに部屋に行けるし。

ベランダには沢山の植物が日光浴していました。

ご主人:仮住まいは仮住まいで、新婚当初を思い出して楽しかったです。

奥様:一部屋を荷物だけのダンボール部屋にして、殆ど寝室とダイニングだけで生活していました。あそこでずっとは嫌だけど、こぢんまりとした生活も便利でしたね。

奥様:リノベーションして、本当に家が生まれ変わりました。新しいマンションに住み替えという手もあったのですが、うちの場合は一室防音室が必要だったので。新築マンションに住み替えたら防音室を作るのにまた何百万もかかってしまうじゃないですか。

ご主人:今の場所は、暮らしやすい環境が整っているので便利です。高速道路もイオンも近いし、街にもすぐ行けるので近場なら自転車で移動しています。

奥様のセンス溢れるインテリアたち

奥様:家づくりの際は、スタッフに自分たちの要望をはっきり伝えることが出来て、家族構成・ライフスタイル・趣味など時間をかけて話し合える関係であることがとても大切だと思います。改善したい場所や内容は、そこに長く住んでいる人にしかわかりませんからね。リノベーションは金額も大きいので、後悔しないように楽しんでいただきたいですね。

営業担当 大原昭二

T様との出会いは一昨年の春頃。リノベーションのお問合せを頂いた後に、すぐマンションにお伺いしてお住まいの希望をいろいろと聞かせていただきました。インテリアのセンスやT様のお人柄がとても良くて、「ぜひT様のお家づくりのお手伝いがしたい!!」と感じたのを覚えています。
その後、ご希望をお伺いしながら図面を修正し、住宅見学会にも何度か足を運んでくださり、住まいの事例を確認していただきながら計画をすすめました。インテリアやデザインに詳しい奥様には、リノベーションをした後に購入する予定のソファーや、リビングに取り付ける予定のデザイナー照明など、具体的な希望のアイテムがありましたので、奥様がよく行かれる東京のインテリアショップなどにも、私も休日を利用して見学に行きイメージを共有したりしました。色々と勉強させていただいて本当に楽しいお家づくりになりました。お忙しいご主人とは計画中にあまりお会い出来ませんでしたが、ライブでプロ級のサックス演奏を聴かせていただきました。リノベーションでお気に入りの音楽室をお作りでき、喜んでいただけて良かったです。

今回のインタビューでは、取材後にお邪魔した私たちスタッフに、奥様の手料理を振る舞っていただき、素敵なご主人とご一緒におもてなしをしていただきました。お料理も美味しく、とても楽しい時間を過ごさせていただきました。本当にT様ご家族に出逢えたことを感謝しています。
これからもよろしくお願いしますね(^^)

スポットライトの下にはお気に入りの絵画を。

ダイニングからリビングの眺め。

まるでホテルのような高級感溢れる寝室。鏡に映った照明も素敵です。

上部を開けた出窓のカーテンは、奥様のアイデア。ダイニングでお茶をしながら、空と景色を楽しみます。ベランダの物干し竿を隠す役目も!

大胆で個性的なデザインのマリメッコのカーテン。

オーダーで造られた家具。