ヌックのある平屋

竣工年 2018.04
所在地 香南市
構造 木造平屋
坪数/面積 32.31坪/106.82㎡

香南市野市町に個性あふれる平屋が完成しました。

玄関から続く土間収納、リビングには家族が集うヌック、幅広のアカシア無垢床etc.

拘りをギュっとつめこんだ地震に強くあたたかいFPの家です。


プライバシーを考慮したデザイン
通学路となる道路からの視線を気にせず、リビングでゆったり過ごせるように設けた格子塀が
外観でも良いアクセントとなっています。


コンクリートの壁が個性的
どこからでも見える開放的なキッチンだからこそ、家具としてのインテリア性を重視しました。


楽しい暮らしが一瞬で伝わる
LDK+和室+玄関土間+ヌック+勾配天井全てがワンルームの、
開放感のある空間になりました。


リビングとつながる小上がりの畳コーナー
家事の合間にちょっと腰掛けたり、子どもが宿題をしたり、お昼寝したり、
障子を閉じれば客間に早変わりします。

考え抜いた間取り
当初はリビングから離した完全個室の和室にしていたけれど、
打合せを重ねるにつれ、やはり”リビング一体としての普段使い”となり、結果広々としたLDKができあがりました。


キッチン
高めのCB(コンクリートブロック)カウンターと、背面収納扉で、
リビングと繋がりながらも、しっかりとしたキッチン空間を作り上げています。


家族が集うヌック
+αの空間。
少し贅沢だけど、この小さな部屋があることで、この家での暮らしは楽しく、豊かなものになります。


ベビーカーも余裕をもって置ける
土間収納は、幅をとる荷物をすっきりと収納することができます。


普段使いの玄関とわけて
普段、家族は土間収納から出入りし、玄関土間はいつもキレイに!
広めの土間で、休日には奥様が子どもさんのヘアカットをしたり…。


寝室


家事動線も考えたつくり
広めの洗面、収納、物干。
しっかりと充実した広さのユーティリティは、家事動線も考えたつくりとなっています。


内と外のつながり
格子塀に囲まれたデッキは、家と庭をしっかりとつなげ、
縁側のようでもあり、この家にはなくてはならないものです。