明るく風通しのよい家

竣工年 2013.10
所在地 高知市
構造 木造2階建て

DESCRIPTION
耐震性が不安…

築35年の家族5人で住むこちらの住宅は、古くは店舗兼住宅として使われていたものの、店舗を閉めた後のスペースは大きすぎる物置となっていました。
昔ながらの田の字に仕切られた間取りは、家事動線を複雑にし、採光・通風を妨げ、断熱材がまったく入っていない床や壁だった為に、厳しい生活環境となっていました。
以前に行った耐震診断により耐震性に不安を抱いていた点が「リフォームを行う最大のきっかけ」となりました。

家族を守る、快適な空間へ
『木造住宅耐震補助事業の補助金』を活用し、耐震改修とリフォームを合わせて行うことにより、限られた予算の中で改修箇所や間取りを調整しながら、ご要望をかなえる事が可能となりました。
耐震性を確保しながらも「明るく風通しの良い広がりのあるLDK」となり、物置となっていたスペースは、シャッター付の駐車スペースとして活用します。
耐震補強に合わせて断熱材の施工を行い、キッチン・トイレ・ユニットバスも新調し、安心で快適な空間に生まれかわりました

Before

After